Microsoft Docs - 最新記事

docs.microsoft.com は、Microsoft 技術文書の新しいホームとして、コンテンツの Web エクスペリエンスだけでなく、ソリューションを学習、管理、デプロイするために使用するコンテンツを作成およびサポートする方法も新しくしました。 ここには、マイクロソフトのテクノロジに関連するすべてのものが統合されています。docs.microsoft.com 上の新着情報とエキサイティングな情報を常に取り入れられるようにするために、専用のフィードを作成しました。


Selected Feed: System Center

Microsoft のトラブルシューティングに関するドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/ Microsoft の次の商用製品に関する問題のトラブルシューティングと回避策の適用に必要なドキュメントを見つける。
Published Date : 2021年4月1日

Dynamics 365 VSS Writer サービス

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/customerengagement/on-premises/deploy/microsoft-dynamics-365-vss-writer-service Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) 用 Dynamics 365 VSS 書き込みサービスについて
Published Date : 2018年10月1日

Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) システムのバックアップ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/customerengagement/on-premises/deploy/back-up-the-microsoft-dynamics-365-system Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) データベースをバックアップする方法について
Published Date : 2018年10月1日

Dynamics 365 for Outlook のインストール

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/outlook-addin/admin-guide/install Dynamics 365 for Outlookのインストール方法
Published Date : 2020年10月1日

アップグレード後

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/customerengagement/on-premises/deploy/after-the-upgrade Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) のアップグレード後に必要なタスクについて
Published Date : 2018年10月1日

コマンド プロンプトを使用した Microsoft Dynamics 365 for Outlook のインストール

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/outlook-addin/admin-guide/install-using-command-prompt ヒント Microsoft System Center 2012 構成マネージャー などを使用して、スクリプトをログオン スクリプトとして実行するか、特定の時刻に強制的に実行することを検討してください。
Published Date : 2017年3月6日

SCCM を使用して Dynamics 365 for Outlook にインストールする

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/outlook-addin/admin-guide/use-sccm System Center Configuration Manager (SCCM) を使って Dynamics 365 for Outlook をインストールする方法の詳細については、SCCM を使用して Dynamics 365 for Outlookをインストールする のダウンロードを参照してください。 ... SCCM の詳細については、System Center Configuration Manager のドキュメント を参照してください。
Published Date : 2017年2月3日

Test-SmtpConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-smtpconnectivity メールボックス サーバーに対して Test-SmtpConnectivity コマンドレットを実行すると、そのサーバー上でホストされているすべての受信コネクタのすべてのバインドに対して、SMTP 接続の確立が試行されます。試行のたびに次の情報が返されます。 Server:受信コネクタをホストするサーバーの名前です。 ReceiveConnector:SMTP 接続が試行された受信コネクタの名前です。 Binding:受信コネクタ上で構成されているバインドです。 EndPoint:SMTP 接続が試行された実際の IP アドレスおよびポートです。 StatusCode:接続試行の結果です。結果は、次の値のいずれかになります。"成功"、"接続不可能"、"一時的なエラー"、"永続的なエラー"、"外部エラー" のいずれかです。 Details:テストされているサーバーから受信した実際の応答です。接続試行が失敗した場合は、このフィールドにエラー文字列が含まれます。 結果をファイルに書き込むには、出力をコマンドにパイプConvertTo-HtmlまたはConvertTo-Csv追加 > <filename> します。 例: Test-SmtpConnectivity Mailbox01 | ConvertTo-Csv > "C:\My Documents\SMTP Test.csv"。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-Mailflow (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-mailflow Test-Mailflow コマンドレットでは、メールの送信、転送、および配信をテストします。このコマンドレットは、各メールボックス サーバーでサーバー自身にメッセージを正しく送信できることを確認します。また、このコマンドレットを使用して、あるメールボックス サーバー上のシステム メールボックスから別のメールボックス サーバー上のシステム メールボックスにメッセージを正しく送信できることを確認できます。テストに関係するすべてのサーバーでシステム メールボックスが必要となります。 テスト メッセージは、ターゲット ユーザーまたはシステム メールボックスで使用できます。 メッセージの件名は Test-Mailflow <GUID> 、 で、メッセージ本文にはテキストが含まれる This is a Test-Mailflow probe message 。 Test-Mailflow の結果が画面に表示されます。結果に含まれる以下の値に注目してください。 TestMailflowResult: 返される値は、通常、成功または * 失敗です * 。 MessageLatencyTime: テストを完了するために必要な時間 (テスト メッセージの配信)。 この値は、hh:mm:ss.ffff という構文を使用します。hh = 時間、mm = 分、ss = 秒、ffff = 分数は 1 秒です。 出力をパイプ処理またはTest-Mailflowコマンドに追加することで、ファイルにConvertTo-Html結果ConvertTo-Csv > <filename> 書き込みできます。 例: Test-Mailflow -AutoDiscoverTargetMailboxServer | ConvertTo-Csv > "C:\My Documents\test-mailflow 2020-05-01.csv"。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-EcpConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-ecpconnectivity Test-EcpConnectivity コマンドレットは、指定した EAC 仮想ディレクトリ、指定した Exchange サーバー上の EAC 仮想ディレクトリ、またはローカル Active Directory サイトで使用可能な EAC 仮想ディレクトリに接続することで、EAC 接続をテストします。 初めてこのコマンドレットを使用する場合は、テスト ユーザーの作成が必要になることがあります。 テスト ユーザーを作成するには、次のコマンドを実行します。 & $env:ExchangeInstallPath\Scripts\New-TestCasConnectivityUser.ps1 テスト結果が画面上に表示されます。このコマンドレットは、次の情報を返します。 CasServer: クライアントExchange接続するサーバーの一部です。 LocalSite: ローカル Active Directory サイトの名前。 シナリオ: テストされる操作。 値は Logon と Sign in です。 結果: 返される値は、通常、成功、スキップ、または失敗です。 Latency(MS): テストを完了するために必要な時間 (ミリ秒単位)。 エラー: 発生したエラー メッセージ。 結果をファイルに書き込むには、出力をコマンドにパイプConvertTo-HtmlまたはConvertTo-Csv追加 > <filename> します。 例: Test-EcpConnectivity -ClientAccessServer MBX01 | ConvertTo-Html | Set-Content -Path "C:\My Documents\EAC Test.html"。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-ServiceHealth (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-servicehealth このコマンドレットは、2013 クライアント アクセス Exchangeではサポートされていません (このコマンドレットは予期しない出力を返します)。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-MRSHealth (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-mrshealth Microsoft Exchange レプリケーション サービスは、メールボックス サーバー上で実行されます。 このコマンドは、メールボックス レプリケーション サービスが実行中であること、およびそのサービスがリモート プロシージャ コール (RPC) の ping チェックに応答することを確認します。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-OwaConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-owaconnectivity このTest-OwaConnectivityコマンドレットは、クライアント アクセス サーバー上Exchange Outlook Web Appすべての仮想ディレクトリの接続をテストするか、単一の URL の接続Exchange Outlook Web Appします。 クライアント アクセス サーバー Exchange Outlook Web Appすべての仮想ディレクトリをテストするには、テスト Active Directory アカウントが必要です。 また、テストする仮想ディレクトリからアクセスできるメールボックスをホストするテスト メールボックスが各 Active Directory サイトに存在する必要があります。 メールボックス サーバーのセットアップ中にテスト環境が作成されなかった場合は、テスト メールボックスを作成するスクリプトを実行し、Test-OwaConnectivity コマンドレットを実行するときにユーザーをテストするように求めるメッセージが表示されます。 テスト メールボックスをホストしているサーバーが使用できない場合、Test-OwaConnectivity コマンドレットは、問題を明確に識別できない可能性のあるエラーを返します。 これを回避するには、テスト メールボックスをホストするサーバーが実行され、メールボックスが使用可能Test-OwaConnectivityします。 これを行うには、Test-MapiConnectivityコマンドレットを使用できます。 ClientAccessServer パラメーターまたは URL パラメーターを使用せずにクライアント アクセス サーバーで Test-OwaConnectivity コマンドレットを実行すると、コマンドレットを実行するサーバーがテストされます。 特定のクライアント アクセス サーバーをテストするには、ClientAccessServer パラメーターを使用します。 1 つの URL をテストするには、既存Test-OwaConnectivityメールボックスの URL パラメーターと資格情報を使用して Exchange コマンドレットを実行します。 URL がロード バランサーの背後にある場合、コマンドでテストするクライアント アクセス サーバーを予測できません。 URL パラメーターを使用する場合、資格情報はパラメーターの一部として必要なので、URL パラメーターを使用する場合は、任意のアカウントを使用して Test-OwaConnectivity コマンドレットを実行できます。 コマンドが Secure Sockets Layer SSL (SSL) を必要としない仮想ディレクトリを検出した場合、AllowUnsecureAccess パラメーターを使用しない限り、そのディレクトリはスキップされます。 AllowUnsecureAccess パラメーターを使用する場合、サーバー間の通信は、テストの目的でクリア テキストで送信されます。 このTest-OwaConnectivityは、1 回限り対話型タスクとして、または Microsoft System Center Operations Manager 2007 コントロールの下でスケジュールされたタスクとして実行できます。 Test-OwaConnectivity コマンドレットを System Center Operations Manager 2007 タスクとして実行するには、コマンドレットがテストするメールボックス サーバーでクライアント アクセス テスト メールボックスを使用できる必要があります。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-WebServicesConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-webservicesconnectivity Test-WebServicesConnectivity コマンドレットは、指定された Exchange Web Services 仮想ディレクトリ、指定した Exchange サーバー上の Exchange Web Services 仮想ディレクトリ、またはローカル Active Directory サイトで使用可能な Exchange Web Services 仮想ディレクトリに接続することにより、Exchange Web Services の接続をテストします。 初めてこのコマンドレットを使用する場合は、テスト ユーザーの作成が必要になることがあります。 テスト ユーザーを作成するには、次のコマンドを実行します。 & $env:ExchangeInstallPath\Scripts\New-TestCasConnectivityUser.ps1 テスト結果が画面上に表示されます。このコマンドレットは、次の情報を返します。 ソース: ソース サーバー。 ServiceEndpoint: 宛先サーバー。 シナリオ: テストされる操作。 値は Autodiscover: SOAP Provider と EWS: GetFolder (フル モード) または EWS: ConvertID (ライト モード) です。 結果: 返される値は、通常、成功または * 失敗です * 。 Latency(MS): テストを完了するために必要な時間 (ミリ秒単位) 結果をファイルに書き込むには、出力をコマンドにパイプConvertTo-HtmlまたはConvertTo-Csv追加 > <filename> します。 例: Test-WebServicesConnectivity -ClientAccessServer MBX01 | ConvertTo-Html | Set-Content -Path "C:\My Documents\EWS Test.html"。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-FederationTrust (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-federationtrust 初めてこのコマンドレットを使用する場合は、テスト ユーザーの作成が必要になることがあります。 テスト ユーザーを作成するには、次のコマンドを実行します。 & $env:ExchangeInstallPath\Scripts\New-TestCasConnectivityUser.ps1 Test-FederationTrust管理シェルから Test-FederationTrust Exchangeコマンドレットを実行するか、監視システムで定期的にテストを実行できます。 Test-FederationTrust コマンドレットは、次の一連のテストを実行してフェデレーションが想定どおり動作することを確認します。 Microsoft Federation Gateway との接続が確立されます。 このテストでは、ローカル サーバーとサーバー間Exchangeが正Microsoft Federation Gateway確認します。 証明書をチェックし、有効かつ Microsoft Federation Gateway で使用できることを確認します。 Microsoft Federation Gateway はセキュリティ トークンを要求します。このテストは、トークンを適切に取得して使用できることを確認します。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-ReplicationHealth (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-replicationhealth Test-ReplicationHealth コマンドレットは、継続的レプリケーションと継続的レプリケーション パイプラインの予防的な監視、Active Manager の可用性、基になるクラスター サービス、クォーラム、およびネットワーク コンポーネントの正常性と状態を示します。 このTest-ReplicationHealth DAG 内のメールボックス サーバーに対してローカルまたはリモートで実行できます。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-ImapConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-imapconnectivity このTest-ImapConnectivityは、指定したメールボックス、指定された Exchange サーバー、またはローカル Active Directory サイトで使用可能なすべての Exchange サーバーに接続して IMAP4 接続をテストします。 初めてこのコマンドレットを使用する場合は、テスト ユーザーの作成が必要になることがあります。 テスト ユーザーを作成するには、次のコマンドを実行します。 & $env:ExchangeInstallPath\Scripts\New-TestCasConnectivityUser.ps1 テスト結果が画面上に表示されます。このコマンドレットは、次の情報を返します。 CasServer: クライアントExchange接続するサーバーの一部です。 LocalSite: ローカル Active Directory サイトの名前。 シナリオ: テストされる操作。 テスト IMAP4 Connectivity は、IMAP4 プロトコルを使用してサーバーに接続し、テスト メッセージを検索し、24 時間以上前のメッセージと共に削除します。 結果: 返される値は、通常、成功、スキップ、または失敗です。 Latency(MS): テストを完了するために必要な時間 (ミリ秒単位)。 エラー: 発生したエラー メッセージ。 結果をファイルに書き込むには、出力をコマンドにパイプConvertTo-HtmlまたはConvertTo-Csv追加 > <filename> します。 例: Test-IMAPConnectivity -ClientAccessServer MBX01 | ConvertTo-Html | Set-Content -Path "C:\My Documents\IMAP Test.html"。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。 重要な 注意: Exchange 2013 以降では、このコマンドを実行して、メールボックスのアクティブなメールボックス データベース コピーをホストしない Exchange サーバーで 1 つのメールボックスをテストすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。 Unable to create MailboxSession object to access the mailbox [user@consoto.com]. Detailed error information: [Microsoft.Exchange.Data.Storage.WrongServerException]: The user and the mailbox are in different Active Directory sites. Inner error [Microsoft.Mapi.MapiExceptionMailboxInTransit]: MapiExceptionMailboxInTransit: Detected site violation (hr=0x0, ec=1292) このエラーが表示された場合は、アクティブなメールボックス データベース コピーをホストしているサーバーでコマンドを再度実行して、IMAP がメールボックスに対して動作する状態を確認します。
Published Date : 2017年9月25日

Test-UMConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-umconnectivity 2 つの診断テストは、メールボックス サーバー ソフトウェアの動作 (モード 1) と、接続されたテレフォニー コンポーネントを含むシステム全体の動作 (モード 2) をテストするように設計されています。 Test-UMConnectivity コマンドレットを使用すると、メールボックス サーバーと、これに接続されたテレフォニー装置の動作をテストすることができます。 UMIPGateway パラメーターを含めてこのコマンドレットを実行すると、メールボックス サーバーはユニファイド メッセージング システムの完全なエンド ツー エンドの動作をテストします。 このテストには、IP ゲートウェイ、Private Branch eXchanges (PBX)、ケーブル接続など、メールボックス サーバーに接続されているテレフォニー コンポーネントが含まれます。 UMIPGateway パラメーターを指定しない場合、メールボックス サーバーは、このサーバーにインストールされ、構成されているユニファイド メッセージング コンポーネントの動作のみをテストします。 社内ユニファイド メッセージング展開の際にこのコマンドレットを実行するときは、コマンドレットをテストするコンピューターまたはサーバー用に、UM IP ゲートウェイ オブジェクトを作成する必要があります。UM IP ゲートウェイ オブジェクトを作成するときは、完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定して構成してください。FQDN は、このコマンドレットを実行するコンピューターの名前と一致している必要があります。 このタスクが完了すると、コマンドレットはメールボックス サーバーと関連するテレフォニー コンポーネントの動作のテストを完了しています。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-MAPIConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-mapiconnectivity Test-MapiConnectivity コマンドレットは、サーバーの機能を検証します。 このコマンドレットは、指定したメールボックス (Identity パラメーターを指定していない場合は SystemMailbox) にログオンし、受信トレイの項目の一覧を取得します。 メールボックスにログオンすることで、クライアントがメールボックス サーバーに接続する際に使用する MAPI および LDAP の 2 つの重要なプロトコルがテストされます。 認証中、Test-MapiConnectivityコマンドレットは、MAPI サーバー、Exchange、およびディレクトリ サービス アクセス (DSAccess) が動作しているのを間接的に確認します。 このコマンドレットは、ローカル コンピューターにログオンするときに使用したアカウントの資格情報を使用して、指定したメールボックスにログオンします。認証が成功したら、Test-MapiConnectivity コマンドレットはメールボックスにアクセスして、データベースが機能していることを検証します。メールボックスへの接続が成功したら、ログオンの試みが発生した時刻も判定されます。 コマンドで使用できる 3 つの異なるパラメーターがあります。データベース、Identity、および Server。 Database パラメーターは、データベース ID を受け取って、そのデータベースのシステム メールボックスにログオンできるかどうかをテストします。 Identity パラメーターは、メールボックスの ID を受け取って、そのメールボックスにログオンできるかどうかをテストします。 Server パラメーターは、サーバーの ID を受け取って、そのサーバーの各システム メールボックスにログオンできるかどうかをテストします。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-ActiveSyncConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/exchange/test-activesyncconnectivity The Test-ActiveSyncConnectivity cmdlet tests Exchange ActiveSync connectivity by connecting to a specified Exchange ActiveSync virtual directory, to any Exchange ActiveSync virtual directories on a specified Exchange server, or to any Exchange ActiveSync virtual directories that are available in the local Active Directory site. The first time you use this cmdlet, you might be required to create a test user. To create a test user, run the following command: & $env:ExchangeInstallPath\Scripts\New-TestCasConnectivityUser.ps1 The test results are displayed on-screen. The cmdlet returns the following information. CasServer: The Exchange server that the client connected to. LocalSite: The name of the local Active Directory site. Scenario: The operations that are tested. Values are: Options, FolderSync, First Sync, GetItemEstimate, Sync Data, Ping, and Sync Test Item. Result: The values returned are typically Success, Skipped, or Failure. Latency(MS): The time required to complete the test in milliseconds. Error: Any error messages that were encountered. You can write the results to a file by piping the output to ConvertTo-Html or ConvertTo-Csv and adding > <filename> to the command. For example: Test-ActiveSyncConnectivity -ClientAccessServer MBX01 | ConvertTo-Html | Set-Content -Path "C:\My Documents\EAS Test.html". You need to be assigned permissions before you can run this cmdlet. Although this topic lists all parameters for the cmdlet, you may not have access to some parameters if they're not included in the permissions assigned to you. To find the permissions required to run any cmdlet or parameter in your organization, see Find the permissions required to run any Exchange cmdlet.
Published Date : 2017年9月25日

Test-AssistantHealth (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-assistanthealth メールボックス アシスタント サービスは、メールボックス サーバーの役割がインストールされているすべてのサーバー上で実行されます。このサービスの役割は、いくつかのアシスタントのスケジュールやディスパッチを行い、メールボックスが正しく機能するようにすることです。 既定では、このコマンドレットを実行すると、RunspaceId、イベント、およびパフォーマンス カウンターが表形式で返されます。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

New-AvailabilityReportOutage (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/new-availabilityreportoutage このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-ExchangeSearch (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-exchangesearch このTest-ExchangeSearchコマンドレットは、指定したメールボックス内に非表示のメッセージと添付ファイルを作成し、このメッセージは検索Exchangeします。 このコマンドは、メッセージにインデックスが付けられるのを待ってから、メッセージ コンテンツを検索します。 IndexingTimeoutInSeconds パラメーターに設定された間隔が経過した後、メッセージが検出されたかどうかに応じて、成功または失敗が報告されます。 Verbose スイッチを使用すると、このコマンドレットによってテストの一部として実行された各手順に関する詳細情報を取得できます。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-PopConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-popconnectivity Test-PopConnectivity コマンドレットは、指定したメールボックス、指定された Exchange サーバー、またはローカル Active Directory サイトで使用可能なすべての Exchange サーバーに接続することで、POP3 接続をテストします。 初めてこのコマンドレットを使用する場合は、テスト ユーザーの作成が必要になることがあります。 テスト ユーザーを作成するには、次のコマンドを実行します。 & $env:ExchangeInstallPath\Scripts\New-TestCasConnectivityUser.ps1 テスト結果が画面上に表示されます。このコマンドレットは、次の情報を返します。 CasServer: クライアントExchange接続するサーバーの一部です。 LocalSite: ローカル Active Directory サイトの名前。 シナリオ: テストされる操作。 テスト POP3 Connectivity は、POP3 プロトコルを使用してサーバーに接続し、テスト メッセージを検索し、テスト メッセージを削除します。 結果: 返される値は、通常、成功、スキップ、または失敗です。 Latency(MS): テストを完了するために必要な時間 (ミリ秒単位)。 エラー: 発生したエラー メッセージ。 結果をファイルに書き込むには、出力をコマンドにパイプConvertTo-HtmlまたはConvertTo-Csv追加 > <filename> します。 例: Test-PopConnectivity -ClientAccessServer MBX01 | ConvertTo-Html | Set-Content -Path "C:\My Documents\POP Test.html"。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-PowerShellConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-powershellconnectivity Test-PowerShellConnectivity コマンドレットは、Exchange リモート PowerShell 仮想ディレクトリ、指定した Exchange サーバー上の任意のリモート PowerShell 仮想ディレクトリ、またはローカル Active Directory サイトで使用できる任意のリモート PowerShell 仮想ディレクトリに接続することで、Exchange リモート PowerShell 接続をテストします。 初めてこのコマンドレットを使用する場合は、テスト ユーザーの作成が必要になることがあります。 テスト ユーザーを作成するには、次のコマンドを実行します。 & $env:ExchangeInstallPath\Scripts\New-TestCasConnectivityUser.ps1 テスト結果が画面上に表示されます。このコマンドレットは、次の情報を返します。 CasServer: クライアントExchange接続するサーバーの一部です。 LocalSite: ローカル Active Directory サイトの名前。 シナリオ: テストされる操作。 値は、ログオン ユーザーです。 結果: 返される値は、通常、成功、スキップ、または失敗です。 Latency(MS): テストを完了するために必要な時間 (ミリ秒単位)。 エラー: 発生したエラー メッセージ。 結果をファイルに書き込むには、出力をコマンドにパイプConvertTo-HtmlまたはConvertTo-Csv追加 > <filename> します。 例: Test-PowerShellConnectivity -ClientAccessServer MBX01 | ConvertTo-Html | Set-Content -Path "C:\My Documents\PowerShell Test.html"。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

ExchangePowerShell Module

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/ このコマンドレットは、特定のサーバーの SMTP 接続を検証するために手動で実行することができますが、主に Microsoft System Center Operations Manager 2007 で使用し、トランスポート サーバー上のすべての受信コネクタの各バインドに対して、SMTP 接続を受信できるかどうかをテストします。
Published Date : 2017年9月25日

Test-CalendarConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-calendarconnectivity Test-CalendarConnectivity コマンドレットは、指定した Outlook on the web 仮想ディレクトリ、指定した Exchange サーバー上の Outlook on the web 仮想ディレクトリ、またはローカル Active Directory サイトで使用可能な任意の Outlook on the web 仮想ディレクトリに接続して、匿名の予定表共有をテストします。 初めてこのコマンドレットを使用する場合は、テスト ユーザーの作成が必要になることがあります。 テスト ユーザーを作成するには、次のコマンドを実行します。 & $env:ExchangeInstallPath\Scripts\New-TestCasConnectivityUser.ps1 テスト メールボックスをホストするサーバーを使用可能ではない場合、エラーが返されて問題を明確に識別できないことがあります。これを回避するには、このコマンドの実行前に Test-MapiConnectivity コマンドレットを使用して、テスト メールボックスをホストするサーバーが実行中であることと、メールボックスが使用可能であることを確認します。 テスト結果が画面上に表示されます。このコマンドレットは、次の情報を返します。 CasServer: クライアントExchange接続するサーバーの一部です。 LocalSite: ローカル Active Directory サイトの名前。 シナリオ: テストされる操作。 値は、ログオン、CalendarICS、CalendarHTML です。 結果: 返される値は、通常、成功、スキップ、または失敗です。 Latency(MS): テストを完了するために必要な時間 (ミリ秒単位)。 エラー: 発生したエラー メッセージ。 結果をファイルに書き込むには、出力をコマンドにパイプConvertTo-HtmlまたはConvertTo-Csv追加 > <filename> します。 例: Test-CalendarConnectivity -ClientAccessServer MBX01 | ConvertTo-Html | Set-Content -Path "C:\My Documents\Calendar Test.html"。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-OutlookConnectivity (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-outlookconnectivity このコマンドレットをTest-OutlookConnectivityすると、指定されたOutlookで定義された接続が検証されます。 コマンドは、1 つのメールボックスを検証できます。 このTest-OutlookConnectivityは、監視プローブと同じプロセスを実行します。 Microsoft Exchange 正常性マネージャー (MSExchangeHM) サービスが実行されている必要があります。テストするコンピューターにOutlookプローブを作成している必要があります。 テストを実行するには、プローブ id Outlook 1 つを選択する必要があります。 Get-MonitoringItemIdentity コマンドレットを使用して、アクティブなプローブを確認します。 この例では、メールボックス サーバー上のバックエンド サービスで実行されているプローブの一覧を示します Get-MonitoringItemIdentity -Server MailboxServer1 -Identity outlook.protocol | ?{$_.Name -like '*probe'} 。 次の使用例は、メールボックス サーバー上のクライアント アクセス サービスで実行されているプローブの一覧を示します Get-MonitoringItemIdentity -Server MailboxServer1 -Identity outlook | ?{$_.Name -like '*probe'} 。 プローブと監視フレームワークの詳細については 、「Managed Availability」、「Managed Availabilityand Server Health」、および「管理可用性のカスタマイズ 」を参照してください。 既定では、コマンドレットは指定したプローブに接続されているテスト監視アカウントを使用します。 MailboxId パラメーターを使用して、別のメールボックスを入力することもできます。 オプションと結果を次に示します。 MailboxId と Credential は指定されていません。 システムのテスト資格情報を使用したテスト メールボックスに対する汎用接続テスト。 MailboxId を指定すると、Credential は指定されません。システムのテスト資格情報を使用して、特定のメールボックスへの接続テストを行います。 MailboxId と Credential が両方とも指定されている:特定のメールボックスに対する接続テスト、および指定した資格情報がこのメールボックスに対して有効かどうかを確認するテストが実行されます。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Test-EdgeSynchronization (ExchangePowerShell)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/test-edgesynchronization Test-EdgeSynchronization コマンドレットは、購読済みのエッジ トランスポート サーバーの同期状態についてのレポートを提供する診断用のコマンドレットです。 このコマンドレットで VerifyRecipient パラメーターを使用して、単一の受信者が Active Directory Lightweight Directory Services (ldS) インスタンスと同期AD確認できます。 エッジ サブスクリプション プロセスは、Active Directory から LDS への受信者と構成情報の一ADします。 このコマンドレットは、Active Directory に格納されているデータと、LDS に格納されているデータADします。 データに不整合があると、このコマンドレットの結果出力の中で報告されます。 このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。
Published Date : 2017年9月25日

Outlookクライアント言語パックをインストールできません - Dynamics 365 Sales

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/dynamics-365/sales/outlook-client-language-packs-cannot-installed この記事では、クライアント言語パックの 2011 年の重要な更新プログラムをインストールした後に発生Microsoft Dynamics CRM解決Outlook示します。
Published Date : 2021年3月31日

Azure AD Premium のお客様に Microsoft Identity Manager サービスとポータルをインストールする

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-identity-manager/install-mim-service-portal-azure-ad-premium Azure AD Premium にライセンスを付与された組織で Microsoft Identity Manager 2016 SP2 の MIM サービスとポータルを構成してインストールする手順について説明します
Published Date : 2021年3月18日

攻撃表面の縮小に関するよく寄せられる質問 (FAQ)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/security/defender-endpoint/attack-surface-reduction-faq Microsoft Defender for Endpoint の攻撃表面縮小ルールに関するよく寄せられる質問に対する回答を見つける。
Published Date : 2021年4月1日

Azure Monitor の Azure SQL Analytics ソリューション - Azure Monitor

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/insights/azure-sql Azure SQL Analytics ソリューションは、Azure SQL Database の管理に役立ちます
Published Date : 2020年9月19日

Azure Site Recovery コンテナーを削除する - Azure Site Recovery

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/site-recovery/delete-vault Azure Site Recovery 用に構成された Recovery Services コンテナーを削除する方法について説明します
Published Date : 2019年11月5日

Azure Site Recovery と PowerShell を使用してセカンダリ サイトに Hyper-V (VMM 使用) のディザスター リカバリーを設定する - Azure Site Recovery

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/site-recovery/hyper-v-vmm-powershell-resource-manager Azure Site Recovery と PowerShell を使用して、VMM クラウド内の Hyper-V VM のセカンダリ VMM サイトへのディザスター リカバリーを設定する方法について説明します。
Published Date : 2020年1月10日

Azure Monitor の Azure Networking Analytics ソリューション - Azure Monitor

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/insights/azure-networking-analytics Azure Monitor の Azure Networking Analytics ソリューションを使用すると、Azure ネットワーク セキュリティ グループのログと Azure Application Gateway のログをレビューできます。
Published Date : 2018年6月21日

PowerShell を使用して Windows Server を Azure にバックアップする - Azure Backup

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-client-automation この記事では、PowerShell を使用して Windows Server または Windows クライアント上に Azure Backup を設定したり、バックアップと回復を管理したりする方法について説明します。
Published Date : 2021年8月24日

SAP on Azure:計画および実装ガイド - Azure Virtual Machines

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/workloads/sap/planning-guide SAP NetWeaver のための Azure Virtual Machines の計画と実装
Published Date : 2021年4月8日

Azure Monitor における Azure Key Vault ソリューション - Azure Monitor

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/insights/azure-key-vault-deprecated Azure Monitor の Azure Key Vault ソリューションを使用して、Azure Key Vault のログを調査することができます。
Published Date : 2019年3月27日

How to: Disable Logging Events to the Windows Application Log - Business Central

https://docs.microsoft.com/en-us/dynamics365/business-central/dev-itpro/administration/disable-logging-events-windows-application-log Important If you are using System Center Operations Manager to monitor Business Central Server do not disable logging to the Windows Application log.
Published Date : 2021年4月1日

Microsoft Dynamics 365 Business Central Server Configuration - Business Central

https://docs.microsoft.com/en-us/dynamics365/business-central/dev-itpro/administration/configure-server-instance Configure and modify settings in the Setup or Installed Business Central Server using the Administration Console and PowerShell Cmdlets.
Published Date : 2021年11月4日

Azure Site Recovery について - Azure Site Recovery

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/site-recovery/site-recovery-overview Azure Site Recovery サービスの概要を説明し、ディザスター リカバリーと移行デプロイのシナリオについてまとめています。
Published Date : 2021年8月19日

解決手順 - Windows IT 担当者 - Windows Deployment

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/deployment/upgrade/resolution-procedures 0xC1900101 (Windows 10 のアップグレード中に問題が発生したときにスローされる汎用ロールバック コード) を処理するための一般的なトラブルシューティング手順について説明します。
Published Date : 2021年3月31日

Identity Manager のバージョン履歴

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-identity-manager/reference/version-history この記事では、2016 年 2 月の更新プログラムの一部として行MIMします。
Published Date : 2021年11月9日

展開に関連する手順

https://docs.microsoft.com/ja-jp/exchange/management/procedures-related-to-deployment サービスの一覧を下にスクロールして [System Center 管理] サービスを探します。 ... [System Center 管理] サービスを右クリックして、[プロパティ] を選択します。
Published Date : 2021年3月31日

Microsoft Defender for Endpoint サービスへのオンボード

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/security/defender-endpoint/onboarding エンドポイントを Microsoft Defender for Endpoint サービスにオンボードする方法について説明します。
Published Date : 2021年3月31日

ソフトウェア更新プログラムの同期のトラブルシューティング - Configuration Manager

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/mem/configmgr/troubleshoot-software-update-synchronization Configuration Manager でのソフトウェア更新プログラムの同期に関する一般的な問題の診断と解決に役立ちます。
Published Date : 2020年5月25日

デバイス管理実装ガイダンス - Commerce | Dynamics 365

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/commerce/implementation-considerations-devices このトピックは、コマース環境においてデバイス管理に関連する機能を実装するユーザーを対象としています。 実装を計画する際に考慮する必要がある実装上のヒントとガイダンスを示します。
Published Date : 2020年7月30日

1 つのバージョンのサービス更新に関するよく寄せられる質問 - Finance & Operations | Dynamics 365

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/fin-ops-core/fin-ops/get-started/one-version このトピックでは、一貫性があり、予測可能でシームレスな方法で最新の状態に保つために使用できるサービスの更新、プロセス、ツールについて明確に説明します。
Published Date : 2021年4月27日

Dynamics 365 Retail バージョン 10.0.7 の機能をプレビューする - Commerce | Dynamics 365

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/commerce/get-started/whats-new-10-0-7 このトピックでは、Dynamics 365 Retail の新機能と変更点について説明します。
Published Date : 2020年1月9日

Repair-NetworkControllerCluster (NetworkController)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/networkcontroller/repair-networkcontrollercluster Use this topic to help manage Windows and Windows Server technologies with Windows PowerShell.
Published Date : 2016年12月20日

VMM での Azure Stack HCI クラスターのデプロイと管理

https://docs.microsoft.com/ja-jp/system-center/vmm/deploy-manage-azure-stack-hci この記事では、VMM で Azure Stack HCI クラスターを設定する方法について説明します。
Published Date : 2021年3月30日

New-SCOrchestratorConnector (System.Center.Service.Manager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/system.center.service.manager/new-scorchestratorconnector The New-SCOrchestratorConnector cmdlet creates a Service Manager Orchestrator connector.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCSMRelationship (System.Center.Service.Manager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/system.center.service.manager/get-scsmrelationship The Get-SCSMRelationship cmdlet retrieves information about relationship objects from Service Manager.
Published Date : 2021年3月30日

New-DPMRecoveryNotification (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/new-dpmrecoverynotification The New-DPMRecoveryNotification cmdlet creates a notification object that System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) uses for recovery. DPM currently supports only email notifications.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCDWSource (Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Cmdlets)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/microsoft.enterprisemanagement.warehouse.cmdlets/get-scdwsource The Get-SCDWSource cmdlet gets specific instances of data sources that are registered to the data warehouse. For updated information about this cmdlet, see Get-SCDWSourcehttp://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=234994.
Published Date : 2021年3月30日

Stop-SCDWJob (Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Cmdlets)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/microsoft.enterprisemanagement.warehouse.cmdlets/stop-scdwjob The Stop-SCDWJob cmdlet stops a data warehouse job. Job modules that are currently running complete gracefully, and the rest of the job modules that have not run yet queue up.
Published Date : 2021年3月30日

Remove-SCOMRMSEmulator (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/remove-scomrmsemulator The Remove-SCOMRMSEmulator cmdlet removes the root management server (RMS) Emulator role from a management group. The RMS Emulator role gives legacy management packs that depend on an RMS the ability to continue working in System Center 2019 - Operations Manager, which does not support RMS. If you remove the RMS Emulator role, these management packs no longer work in System Center 2019 - Operations Manager.
Published Date : 2021年3月30日

Enable-SCDWSource (Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Cmdlets)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/microsoft.enterprisemanagement.warehouse.cmdlets/enable-scdwsource The Enable-SCDWSource cmdlet enables all jobs that are associated with the specified data source.
Published Date : 2021年3月30日

Get-DPMDatasetStatus (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/get-dpmdatasetstatus The Get-DPMDatasetStatus cmdlet returns the status of datasets on an archive tape.
Published Date : 2021年3月30日

Approve-SCOMPendingManagement (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/approve-scompendingmanagement The Approve-SCOMPendingManagement cmdlet approves pending management actions in System Center 2019 - Operations Manager.
Published Date : 2021年3月30日

Deny-SCOMPendingManagement (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/deny-scompendingmanagement The Deny-SCOMPendingManagement cmdlet denies pending management actions in System Center 2019 - Operations Manager.
Published Date : 2021年3月30日

Rename-DPMLibrary (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/rename-dpmlibrary The Rename-DPMLibrary cmdlet renames a System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) library in the DPM Administrator Console.
Published Date : 2021年3月30日

Remove-SCOMNotificationSubscription (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/remove-scomnotificationsubscription The Remove-SCOMNotificationSubscription cmdlet removes one or many notification subscriptions in System Center 2019 - Operations Manager.
Published Date : 2021年3月30日

Get-DPMProductionVirtualName (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/get-dpmproductionvirtualname The Get-DPMProductionVirtualName cmdlet gets the virtual names for a cluster on which a System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) protection agent is installed.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCOMDatabaseGroomingSetting (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/get-scomdatabasegroomingsetting The Get-SCOMDatabaseGroomingSetting cmdlet gets the database grooming settings for a management group. Database grooming automatically removes unnecessary data from the System Center 2019 - Operations Manager database in order to maintain performance. Use the Set-SCOMDatabaseGroomingSetting cmdlet to make changes to grooming settings. By default, this cmdlet uses the active persistent connection to a management group. Use the SCSession parameter to specify a different persistent connection. You can create a temporary connection to a management group by using the ComputerName and Credential parameters. For more information, type Get-Help about_OpsMgr_Connections.
Published Date : 2021年3月30日

Set-SCDWRetentionPeriod (Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Cmdlets)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/microsoft.enterprisemanagement.warehouse.cmdlets/set-scdwretentionperiod The Set-SCDWRetentionPeriod cmdlet sets the data retention period, in minutes, for either a specific fact table within a specific data warehouse database or the default for fact tables within the database. Data that is eligible for grooming and older than the retention period will be groomed out of the database. Note This cmdlet has a bug and does not set the data retention period correctly. See detailed information.
Published Date : 2021年3月30日

Lock-DPMLibraryDoor (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/lock-dpmlibrarydoor The Lock-DPMLibraryDoor cmdlet locks the door of a System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) library.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCOMPendingManagement (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/get-scompendingmanagement The Get-SCOMPendingManagement cmdlet retrieves pending agent management actions in System Center 2019 - Operations Manager.
Published Date : 2021年3月30日

Set-DPMPerformanceOptimization (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/set-dpmperformanceoptimization The Set-DPMPerformanceOptimization cmdlet enables or disables on-the-wire compression of data for a System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) protection group. First, get a protection group by using the Get-DPMProtectionGroup cmdlet. Then, use the Get-DPMModifiableProtectionGroup cmdlet to let you change that protection group. On-the-wire compression decreases the amount of data transferred during replica creation, synchronization, and consistency check operations. On-the-wire compression increases CPU usage on both the DPM server and on protected computers.
Published Date : 2021年3月30日

Remove-SCOMNotificationChannel (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/remove-scomnotificationchannel The Remove-SCOMNotificationChannel cmdlet removes a notification channel from the management group. Notification channels inform administrators of an alert, or they run automation in response to an alert. A notification channel uses a delivery mechanism in System Center 2019 - Operations Manager, such as email, instant message, Short Message Service, or command, to deliver notifications.
Published Date : 2021年3月30日

Edit-DPMDiskAllocation (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/edit-dpmdiskallocation The Edit-DPMDiskAllocation cmdlet modifies disk allocation on a System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) server for a protected data source.
Published Date : 2021年3月30日

Stop-SCOMMaintenanceSchedule (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/stop-scommaintenanceschedule The Stop-SCOMMaintenanceSchedule stops an active maintenance schedule. If the existing schedule is not active, this cmdlet will return an error. This cmdlet will put all resources connected with this schedule out of maintenance mode. When a resource is in maintenance mode, Operations Manager suppresses alerts, notifications, rules, monitors, automatic responses, state changes, and new alerts. A maintenance schedule can be used to schedule a set of resources to go into maintenance mode. By default, this cmdlet uses the active persistent connection to a management group. Use the SCSession parameter to specify a different persistent connection. You can create a temporary connection to a management group by using the ComputerName and Credential parameters. For more information, type Get-Help about_OpsMgr_Connections.
Published Date : 2021年3月30日

spfadmin Module

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/spfadmin/ This section contains the help topics for the Service Provider Foundation cmdlets. Hoster administrators can use these cmdlets to create and manage tenants, their resources, and their claims-based authentication. For information about how to program Service Provider Foundation, see the Service Provider Foundation SDK.
Published Date : 2021年3月30日

Remove-SCOMMaintenanceSchedule (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/remove-scommaintenanceschedule The Remove-SCOMMaintenanceSchedule removes an existing maintenance schedule. If the existing schedule is active, this cmdlet will return an error. When a resource is in maintenance mode, Operations Manager suppresses alerts, notifications, rules, monitors, automatic responses, state changes, and new alerts. A maintenance schedule can be used to schedule a set of resources to go into maintenance mode. By default, this cmdlet uses the active persistent connection to a management group. Use the SCSession parameter to specify a different persistent connection. You can create a temporary connection to a management group by using the ComputerName and Credential parameters. For more information, type Get-Help about_OpsMgr_Connections.
Published Date : 2021年3月30日

Start-DPMDatasourceConsistencyCheck (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/start-dpmdatasourceconsistencycheck The Start-DPMDatasourceConsistencyCheck cmdlet performs a consistency check on a System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) data source. You can run consistency checks on a specific data source or on all data sources in a protection group that are in an inconsistent state.
Published Date : 2021年3月30日

Enable-SCOMDiscovery (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/enable-scomdiscovery The Enable-SCOMDiscovery cmdlet enables System Center 2019 - Operations Manager discoveries. The cmdlet creates and saves overrides for specified discoveries that enable those discoveries.
Published Date : 2021年3月30日

Set-DPMCloudSubscriptionSetting (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/set-dpmcloudsubscriptionsetting The Set-DPMCloudSubscriptionSetting cmdlet updates subscription settings in Windows Azure Online Backup for a System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) server.
Published Date : 2021年3月30日

New-DPMServerScope (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/new-dpmserverscope The New-DPMServerScope cmdlet creates a System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) server scope object. You can create a scoped DPM server connection by using the cmdlet with a scope object.
Published Date : 2021年3月30日

New-SCOpsMgrConnection (VirtualMachineManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/virtualmachinemanager/new-scopsmgrconnection The New-SCOpsMgrConnection cmdlet creates a connection between the Virtual Machine Manager (VMM) management server that you are currently connected to and an Operations Manager management group. Before creating a connection to an Operations Manager management server, you must install the Operations Manager management console on your VMM management server and install the following management packs in Operations Manager: SQL Server Core Library version 6.0.5000.0 or later management pack Windows Server Internet Information Services Library version 6.0.5000.0 or later management pack Windows Server Internet Information Services 2003 version 6.0.5000.0 or later management pack Windows Server Internet Information Services 7 version 6.0.6539.0 or later management pack
Published Date : 2021年3月30日

New-SCVirtualMachine (VirtualMachineManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/virtualmachinemanager/new-scvirtualmachine Note A new parameter [-EnableNestedVirtualization] is included in VMM 2019 UR1. For more information, see Parameters. The New-SCVirtualMachine cmdlet creates a virtual machine that Virtual Machine Manager (VMM) manages. You can create a virtual machine from the following sources: A stopped virtual machine deployed on a host. A virtual machine stored in the VMM library. A virtual machine template. A virtual hard disk that already contains an operating system. You can create a virtual machine from an existing hard disk that contains a third-party operating system, such as Linux. A blank virtual hard disk. New in System Center 2019, you can create a virtual machine by using a differencing disk. For more information about differencing disks, see New-SCVirtualDiskDrive. When you deploy a new virtual machine to a Hyper-V host, you can specify a location for the virtual machine files, or use the default path: <C>:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V. When you deploy a virtual machine on a VMware ESX host or Citrix XenServer host, there is no default path. Specify a path. As an alternative to the current cmdlet, you can create a virtual machine by using the following cmdlets: New-SCP2V. This cmdlet creates a virtual machine from an existing physical computer. This is called a P2V conversion. For more information, type: Get-Help New-SCP2V. New-SCV2V creates a virtual machine from an existing virtual machine, such as a virtual machine created in VMWare. This is called a V2V conversion). For more information, type: Get-Help New-SCV2V.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCSMSubscription (System.Center.Service.Manager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/system.center.service.manager/get-scsmsubscription The Get-SCSMSubscription cmdlet retrieves subscriptions that are configured in Service Manager.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCSMEmailTemplateContent (System.Center.Service.Manager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/system.center.service.manager/get-scsmemailtemplatecontent The Get-SCSMEmailTemplateContent cmdlet retrieves the content of Service Manager email templates.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCSMView (System.Center.Service.Manager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/system.center.service.manager/get-scsmview The Get-SCSMView cmdlet retrieves views that are defined in Service Manager.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCSMWorkflowStatus (System.Center.Service.Manager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/system.center.service.manager/get-scsmworkflowstatus The Get-SCSMWorkflowStatus cmdlet retrieves the status of workflows in Service Manager.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCSMEmailTemplate (System.Center.Service.Manager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/system.center.service.manager/get-scsmemailtemplate The Get-SCSMEmailTemplate cmdlet retrieves email templates that are defined in Service Manager. The type of the returned object is ManagementPackObjectTemplate. This cmdlet returns only objects of the class SMTP.
Published Date : 2021年3月30日

New-SCSMWorkflow (System.Center.Service.Manager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/system.center.service.manager/new-scsmworkflow The New-SCSMWorkflow cmdlet creates a workflow in Service Manager.
Published Date : 2021年3月30日

Test-SCSMManagementPack (System.Center.Service.Manager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/system.center.service.manager/test-scsmmanagementpack The Test-SCSMManagementPack cmdlet tests the validity of a management pack. This cmdlet replaces the MPVerify.exe utility, which verifies a management pack by using the software development kit (SDK) method ManagementPack.Verify(). This cmdlet requires that the user specify the path to the management pack file and the name of the computer to use for resolving dependencies. For management pack bundle files (.mpb), all the management packs in the bundle will be tested for validity. All issues that are found during the test are written as nonterminating errors, one error per issue. The output of the cmdlet is an object consisting of the management pack name, the path of the management pack, and a property named Verified, which equals True if no errors are found and False if errors were found.
Published Date : 2021年3月30日

Get-DPMCloudSubscription (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/get-dpmcloudsubscription The Get-DPMCloudSubscription cmdlet gets a Windows Azure Online Backup subscription object in System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM).
Published Date : 2021年3月30日

Remove-DPMBackupNetworkAddress (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/remove-dpmbackupnetworkaddress The Remove-DPMBackupNetworkAddress cmdlet removes a backup network from a System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) server.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCOMTierConnector (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/get-scomtierconnector The Get-SCOMTierConnector cmdlet gets the connectors associated with a tiered management group. A tiered management group is part of a connected management group that has peer-to-peer connections between its members and that shares data in a single System Center 2019 - Operations Manager console.
Published Date : 2021年3月30日

Remove-SCOMTieredManagementGroup (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/remove-scomtieredmanagementgroup The Remove-SCOMTieredManagementGroup cmdlet removes a tiered management group. A tiered management group is part of a connected management group that has peer-to-peer connections between its members and that shares data in a single System Center 2019 - Operations Manager console.
Published Date : 2021年3月30日

Disable-DPMTapeDrive (DataProtectionManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/dataprotectionmanager/disable-dpmtapedrive The Disable-DPMTapeDrive cmdlet disables a tape drive in the System Center 2019 - Data Protection Manager (DPM) library.
Published Date : 2021年3月30日

Enable-SCOMNotificationSubscription (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/enable-scomnotificationsubscription The Enable-SCOMNotificationSubscription cmdlet enables a notification subscription in System Center 2019 - Operations Manager.
Published Date : 2021年3月30日

Get-SCOMTelemetry (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/get-scomtelemetry The Get-SCOMTelemetry cmdlet gets the status of collection of System Center 2019 - Operations Manager diagnostic and usage patterns data. If collection is enabled, this cmdlet returns a value of $True. If collection is disabled, this cmdlet returns a value of $False.
Published Date : 2021年3月30日

Enable-SCOMTelemetry (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/enable-scomtelemetry The Enable-SCOMTelemetry cmdlet enables collection of System Center 2019 - Operations Manager diagnostic and usage patterns data by Microsoft.
Published Date : 2021年3月30日

Disable-SCOMTelemetry (OperationsManager)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/operationsmanager/disable-scomtelemetry The Disable-SCOMTelemetry cmdlet disables collection of System Center 2019 - Operations Manager diagnostic and usage patterns data.
Published Date : 2021年3月30日